トップへ戻る

クレジットカード払いで自動車税が割引価格に

自動車税はクレジットカードで払える?

 

 

今年も自動車税の納税の時期になりましたね。

 

 

 自動車税のクレジットカードでの支払いの可否は、地域によって異なります。
 年々、少しずつ増えてきましたが、まだ対応外の地域もあります。


 

東京都内なら 「 東京都自動車税お支払いサイト 」、
その他の対応地域は 「 Yahoo!公金支払い 」 を経由することでクレカ決済が可能です。

 

 

クレジットカード払いにすることで、いつでもパソコンやケータイから手軽に支払いができる点は便利ですが、ただ現状ですと、決済手数料が324円かかってしまいます><
(※佐賀県は300円、沖縄県は308円、その他の地域は324円となっています)

 

 

そこで、このサイトではこの2つのことについて紹介しています。

 

 

 対応地域外でも、間接的にクレジットカード払いで超お得に支払う方法

 

 決済手数料を上回る、知る人ぞ知る最強の高還元率クレジットカード

 

 

 

 

決済手数料を上回る高還元率クレジットカード

 

 

クレジットカード決済なら、手持ちがなくても期日に遅れることなく支払いをちょっと先送りにできるし
カードのポイントもせっかく貯まるので、手数料だけがちょっと残念な感じですね。

 

 

クレジットカードのポイント還元率はその多くが 0.5% なので、手数料の方が高くついてしまうことになります。(各クレジットカード会社の還元率一覧

 

 

参考までに、支払い税額とクレカの還元率ごとに、還元ポイントをまとめてみました。
赤字の箇所は、還元される額が手数料(¥324)を上回っています

 

総   排 気 量

 

税 額(円)

 

ポイント還元率(単位:円相当)

0.5%

1.2%

3.0%

〜1リットル以下

29500

147

354

885

1〜1.5リットル

34500

172

414

1035

1.5〜2リットル

39500

197

474

1185

2〜2.5リットル

45000

225

540

1350

2.5〜3リットル

51000

255

612

1530

3〜3.5リットル

58000

290

696

1740

2〜2.5リットル

66500

332

798

1995

3.5〜4リットル

76500

382

918

2295

4〜4.5リットル

88000

440

1056

2640

6リットル超

111000

555

1332

3330

 

 

 

ポイント還元率が1%以上のクレジットカードの場合、決済手数料を差し引くとちょっとプラスになります。1.2%以上なら割引額も意外と大きいことがわかりますね。

 

 

還元率3%?!

 

表中の還元率3%を実現するカードとは、ヤフージャパンカードです。
年に数回ですが還元率アップのキャンペーンをしています。

 

 

 

年に数回あるかないかの不定期のポイントアップキャンペーンが、今のタイミングで開催されています!
5月中に入会すれば翌月末迄ポイント3倍のため、自動車税の支払いに間に合います!
nanacoとの組み合わせ技で自動車税を支払うには、国際ブランドはJCBを選択してください。

 

(3倍キャンペーンは要エントリー!ポチッとするだけなのでお忘れなく)

 

 

通常時は還元率1%のカードです。 ポイントアップ詳細はここ

 

 

ヤフージャパンカード公式サイトはコチラ ↓ ↓

 

入会だけで5000ポイントもらえるキャンペーン中!!
入会&利用で最大10000円相当のポイントがもらえる!

 

Tポイントがザクザクたまる!

 

 

 

さらに、手数料324円を支払わずに、還元率ぶんがまるごと実質割引になる方法は・・・
324円のためにちょっとしたひと手間をかけられる方は、スクロールして続きをどうぞ。

 

 

実際は手数料ぶんどころではなく年間数万円お得になる方法です♪
 自動車税以外でも使えるので手間をかける価値はありますよ^−^!

 

 

【全国対応】自動車税を1000円前後も割引価格で支払う方法

 

 

今年度(2017年)のおすすめは、この時期にタイミングよく還元率3%キャンペーンをしているYahoo! JAPANカード!ものの数秒で審査結果がメールアドレスに届きました。(個人差があるかもしれません。)確認の電話もありませんでした。その他の税金や来年の自動車税にも使えるので長い目でみてリクルートカードも発行するのもありだと思います

 

税金や公共料金の割引ってないものだと思いますよね。ふつうなら。

 

 

でも、1.2%の高還元率のクレカ=「リクルートカード」なら、
自動車税の支払いで最低でも300円相当以上ぶんのポイントで還元されます。

 

これを見逃しちゃうのはモッタイナイ!!

 

自動車税クレカ払い

 

 

還元されたポイントはPontaポイントとして使えます。

 

これまでは、じゃらんやホットペッパー、ポンパレなどのリクルート系サービスに限定されていた使い道も広がり、ローソンや大戸屋、昭和シェル石油などの他、全国14万以上のお店で利用できるようになりました。

 

DocomoユーザーならDポイントに交換して、ケータイ代の支払に充てることもできます。

 

 

あまり欲しくない商品の中からなんとなく選んだり、ポイント期限が切れたりってこともなく有効に使えます。(けっこうありがちですよね。。)

 

※リクルートカードのポイントにも1年の有効期限がありますが、年に一回でもカードの利用があれば、期限が伸びるので実質無期限と言えます!

 

 

固定資産税やその他、税金以外でも、メインのカードをリクルートカードにするだけで
ざくざくポイントがたまるので楽しいですよ。

 

 

決済手数料¥0でクレジットカードのポイントをゲットする!

 

 

最初だけ多少の手間はありますが、さらに自動車税を割引価格にする方法です。
自動車税については毎年、その他の支払いにも使える技なので、手間をかける価値はありです。

 

 

nanaco

 

 

前述の「Yahoo!公金支払い」ページを経由しないため決済手数料がかからず、
ポイント還元ぶんがまるごとお得になります。

 

クレジットカード払いに対応していない地域でも使える全国対応の手順です。

 

  1. クレジットカードからnanacoにチャージ
  2. nanacoで自動車税の支払い

 

税金の支払いはnanacoポイントが付きませんが
nanacoへのチャージ金額に対して、クレカのポイントが付きます。

 

 

数あるクレジットカードの中で、nanacoへのチャージにポイントが付与されるのは数枚だけ!
その中で、最も高還元率で総合的におすすめできるのがリクルートカードです。

 

年会費も無料なのでノーリスクですね。

 

以上が、自動車税を間接的にクレジットカードで支払い、実質割引き価格になる方法でした。

 

 

 

通常のお買いものなら、合わせてnanacoポイントもWで付くので
電子マネー「 nanaco 」 × リクルートカード は 最強の組み合わせです。

 

  ⇒ nanacoについてもっと詳しく

 

 

【週末限定】6000⇒7000ポイントがもらえるのは19日(月)9:59分迄!!

 

リクルートカードの審査&申込みはコチラ ↓↓

 

リクルートカード_PC

 

 
 

青森県/宮城県/山形県/新潟県/東京都/千葉県/愛知県/埼玉県/神奈川県/静岡県/
岐阜県/奈良県/和歌山県/鳥取県/香川県/宮崎県/鹿児島県/福岡県/沖縄県